お問い合わせ

ご相談・お見積り 無料
受付時間8:00〜20:00

0120-915-498

どんなご遺品も
誠意を込めてお片付けします。
お気軽にお問い合わせください。

たった1分で入力完了!

メールでの
お問い合わせはこちら

メニュー

こだわり

サービスの流れ

ご利用料金

お急ぎの方

よくあるご質問

関連サービス

強力消臭

生前整理

ゴミ屋敷清掃

横須賀市の遺品整理事情

横須賀市の遺品整理事情

神奈川県横須賀市は、国防の要といえる地域です。回りは海、地形は山がち。お仕事もこのような事情を加味してのご依頼が多数寄せられます。さて、逗子インターから葉山町に向い国際村を抜けて海が見えてきたらそこは秋谷。漁師町の住宅は山中にむかって建っています。曲がりくねった細い市道を上って樹木伐採にも伺っています。4mの鉄の単管を何十本と、曲がりくねった坂道をとおりあげる作業も手馴れたわれわれにはお手の物です。
横須賀という山がちな地形に建つ住居からのご依頼で、なんといっても多いのが遺品整理のご依頼となります。そのわけは、横浜の一部地域と同じく、またさらに急斜面沿いに立つ家屋には、車道がない場合も多く、また車が入れても駐車スペースが取りづらい事情があるからです。運搬車は家屋より数十メートル下に止めてそこまで運び出しが必要なケースもしばしばです。山の上の家屋の場合100m以上なんていう場所もたまにあります。ご遺品として残された家財一式を処分するとなれば、引越しと同じ嵩量がでるわけで最低でも2トン車2杯以上の不用品が残されています。さすがに一般の方には搬出不可能という事で初めからの遺品整理のご用命となります。

実際に承った事例のご紹介

2トントラック山盛り9台軽トラ3台分積載

今回は、横須賀市にある昔ながらの細い道を上りきった場所のお住まい。このような地域は不入斗、船越など上げたら限がありません。ご両親が他界後、残されたご遺品が広い敷地と家屋に膨大に・・・よくあるケースですが、娘さんご自身でお片づけに入ったわけですが、あまりの量に片付け中、体調を崩してダウン・・そしてよろずカンパニーにお見積もりと相成りました。

早速伺いますと、もったいないと捨てられず溜め込んだ生活用品の山です。粗大ゴミの総量、約84立方!さらに土台のしっかりした木造物置が1つあり、もちろん中身も満載です。そして朽ち果てたスチール物置の解体処分です。もちろんこの中にも不用品は満載です。お見積もり後、すぐお決めいただきました理由は、私のブログをよんで信用させていただきますとのお話です。そういわれると弱い・・目一杯サービスさせていただきました。以前知り合いが遺品整理をされた時これより少ない量で倍近い金額がかかったそうです。高額請求の業者だったのでしょう。

5人で、3日がかり、冷蔵庫洗濯機はもとより、エアコンは2階も含め6台を取外し、2トントラック山盛り9台軽トラ3台分へ積載してのお片付けです。4トントラックを入れたくても入れない場所です。こんなケースもよろずカンパニーは手馴れております。そして安心価格。お片付け後にお客様から感謝のお言葉を頂戴しますと、さすがにほっとします。

お客様からのコメント

40代女性

父が数年前に他界し、そして母が亡くなり横須賀の実家の遺品整理を行うことになりました。もちろん主人は仕事で休めないため主婦の私が暇を見て片付けに来ていました。建坪40坪はある家なので片付けには結構な時間がかかるとは思っていましたが、一週間ほど出入りして片付けていたところ、この暑さもあって体調を崩してしまいました。

両親は昔の人で、なんでももったいないととって置く人だったので部屋も押入れも不用品でいっぱいです。これは、もう自分でやるのは無理と思い、遺品整理専門の業者さんにお願いすることにしました。高額請求や不法投棄など悪い業者の話しも聞いていましたので、何日かかけて知らべました。
そこでよろずカンパニーさんにたどりついたわけですが、笑ってしまったのは、体調を崩し途中断念という、今の私の状況と同じ話がブログやホームページで紹介されていたことです。よく考えれば引越しと同じ量の家財を分別して運び出して廃棄しなければならないのですから、女性の一人や二人では到底無理があることがわかりました。遺品整理が無事終わったことで、空家になった家について今後のことも考えやすくなりました。本当にありがとうございました。

店主のお返事

店主

こちらこそありがとうございます。そしてお疲れ様です。
遺品整理を始められて途中断念・・・。遺品整理という言葉が知られていなかった10年ほどまえまでは、ほとんどのお客様からご用命が入る遺品整理は途中断念で、「いますぐ助けて!」とお電話をいただきました。
現場に向かうと、必ずある道具はマスク、軍手、ゴミ袋です。そして、ごちゃ混ぜに詰め込まれたゴミ袋が5〜6袋位まとめられた時点での途中断念が定番の風景です。

昨今では、遺品整理という業種が知れ渡ったため、引越しと同じで、賃貸や別途お住まいの場合は、初めからご相談を頂戴します。ワンルームなどで、遺品が少ない場合は、小物は自分たちで片付けて、残った洗濯機や冷蔵庫など大きなものだけ依頼される方もいらっしゃいます。それ以上のお住まいは遺品整理業者に依頼されることが、トータルコストから考えてもお勧めできるでしょう。

メールでのお問い合せはこちらからどうぞ
メールでのお問い合せはこちらからどうぞ